blog

ブログ

打ち継ぎ目が消えた。(基礎工事 基礎一体打ち)

従来、基礎コンクリートを流し込む時にベース部と立ち上がりを二度に分けて施工し止水テープで浸水を防いでいましたが、、、、、、。

今回、基礎断熱工法に基づき床下の完全防水が必要でした。

そこでなんと!? 基礎一体打ち。

kiso

 

 

ベース部と立ち上がり部を同時に施工することにより打ち継ぎ目が無くなり床下への浸水を防ぐ事ができます。

基礎断熱にとっては床下も部屋の一部として環境を整える事が大事ですね。

この記事を書いたスタッフ

赤木 聡

赤木聡

コーディネーター

人が大好き! 人との出会いを大切にし家族の想いを形に出来るようにご提案していきたいと思います。 家族が主役、家は舞台。 主役が輝ける舞台造りを心がけていきたいです!