blog

ブログ

冬場に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください!

東京都23区における入浴中の事故死

大寒波が日本列島を覆っていますが、みなさんお気をつけ下さい。
消費者庁より警告されています。

家庭内で起こる入浴中の事故死は、交通事故の約4倍にもなります。
安全な入浴方法として以下が挙げられています。

(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
(2)湯温は41度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にしましょう。
(3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
(4)アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
(5)入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう。

出典元:http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160120kouhyou_2.pdf

普段生活しているリビングや寝室だけでなく、脱衣室もしっかり断熱施工することが必要です。

寒くなるこの時期、事故を未然に防ぐためお近くのお年寄りのかたにアドバイスしてあげて下さい。

この記事を書いたスタッフ

田中 健治

田中健治

代表取締役

「たのしく生きる」ことが人生理念です。 「たのしく生きる」為には「笑顔と感謝があふれる社会」が必要だなとの想いで、いっぱいです。 家というモノではなく、豊かなくらしを追い求めて家づくりを考えています。 豊かなくらしを追い求めた家。私たちがつくる家です。