blog

ブログ

三条京阪の町家改装

 

 

この秋から町家の改装が2件、始まりました。

 

そのうちのひとつ、

京阪三条駅に程近い敷地(=建物)間口およそ3メートル、

閉鎖登記簿を見ると記録は昭和12年、築80年の建物です。

 

 

 

 

天井を解体すると、碍子(がいし)で中継された電気配線が露わになりました。

現在でもこのような配線ができるのか、気になるところです。

 

 

 

 

味のある土壁。

個人的にはそのままで残しておきたいくらいです。

 

 

 

 

刻まれた歴史を活かせるのがリノベーションの醍醐味ですね。

 

この記事を書いたスタッフ

中村 亮太

中村亮太

今までに出会った人、これから出会う人にとって、「うれしい」そして「助かる」存在でありたいです。
住まいがかわれば人生もかわります。
すでに暮らしが始まっている人々のことを想いながら、新たな出会いを楽しみにしております。