blog

ブログ

耐震のお話 ④ ー耐力壁ー

 

木造住宅の構造で、一番の基本となるのが「耐力壁」です。

耐力壁とは、地震や風など、横方向からの力に抵抗する力をもった壁のことです。

建物の間取りや形状から必要な耐力壁の量(必要壁量)を算出し、

設計者はそれ以上の耐力壁をバランスよく配置する事を考えます。

 

建築基準法で求めている耐震性能=必要壁量なので、

必要壁量以上の壁量があるお家は耐震等級1、

必要壁量の1.25倍の壁量があるお家は耐震等級2、

必要壁量の1.5倍の壁量があるお家は耐震等級3と言えます。

 

また、耐力壁にも色んな種類があって、その強度によって「壁倍率」というものが決められています。

「壁量=壁の長さ×壁倍率」で求められるので、同じ長さの壁でも仕様によって壁量は異なります。

 例えば、厚さ45㎜以上幅90㎜以上の木材の筋交いを入れた壁は倍率2.0、

決められた仕様通りに構造用合板を釘で打ち付けた壁は倍率2.5、という具合です。

 

ここで「決められた仕様通り」と書きましたが、実はこれがとても重要です。

使用している釘の種類、ピッチ、端空き寸法、めり込み具合、

全てを決められた仕様通りに施工して、初めて求められる強さを持った耐力壁として働くのです。

 

 

法律や構造について、その全て理解するのはなかなか難しいもの。

 でも、工事途中の現場を見て、釘が目安線通りの間隔で打ち付けられているか、

端っこに寄りすぎて合板が割れていないか、めり込みすぎていないかは誰でもチェックできると思います。

 

工務店やハウスメーカーの中には、構造見学会を開催されているところも多くあります。

是非ご自身の目で、お家を支える大切な耐力壁を確認して下さい。

 

<次回につづく>

この記事を書いたスタッフ

山本 祥子

山本祥子

設計

人の気持ちがわかる人間でありたいと思っています。 どんなときも、どんなことも、 相手の立場に立って行動すること。 それが私のモットーです。