blog

ブログ

居心地のデザイン

 

 

居心地のいい空間を作るためには、その空間の温度や湿度、空気の質を考えなければなりません。

目に見えないけれど、とても大切なものです。

特にお家は、生活の基盤となる場所です。

真夏の暑い日も、凍えるような寒い日も、そこで生活しなければなりません。

元気な時ばかりではありません。しんどい時もあります。

赤ちゃんもいれば、おじいちゃんおばあちゃんもいます。

 

どんな時でも居心地よく暮らせるお家、そんなお家を作るために、

設計者は日々計算や測定をして性能を確かめています。

 

家づくりをされる方に「居心地のいいお家かどうか?」判断できる知識を得て頂きたい。

そう思い、「居心地のデザイン」というタイトルで、

住宅性能についてのブログを書くことにしました。

 

見慣れない単語や数値ばかりの世界ですが、

出来るだけ分かりやすく、楽しい記事にしたいと思います。

次回より、どうぞよろしくお願いします。

 

この記事を書いたスタッフ

山本 祥子

山本祥子

設計

人の気持ちがわかる人間でありたいと思っています。 どんなときも、どんなことも、 相手の立場に立って行動すること。 それが私のモットーです。