blog

ブログ

木は何故変色するか

木と言っても木の種類は数多くあります。

よく耳にする『松』や『杉』は属であって、ひとくくりにできません。

クルマツ、アカマツ、リュウキュウマツ、ゴヨウマツ、ハイマツ、チョウセンゴヨウ

日光杉、山武杉、春日杉、吉野杉、魚梁瀬杉、霧島杉、屋久杉、秋田杉、北山杉

そんな木の話になります。

屋外で木をつかうことがあります。

古い木造の建物は木を多く使っています。

古い建物を見て感じる事ですが、木が変色しています。

今回は何故木は変色するのか?をお話しします。

光の波長 『紫外線』 、その紫外線が木の成分である『リグニン』を分解、変性させます。

リグニンは木材の骨格を形成するセルロースを補強する役割です。

リグニンが紫外線で分解され、雨にさらされ流れ出してしまうと、脱色されシルバーグレー色になります。

脱色だけでなく、リグニンが失われると、木の繊維が表面から剥がれ落ち粗くなり、

光がさらに木の奥まで届き、光劣化を引き起こし風化します。

木を外部で扱う事は、それらの劣化を考慮しないといけません。

雨による腐れだけではありません。光も関係します。

そのためにも定期的な塗装などのメンテナンスが必要です。

この記事を書いたスタッフ

森山 秀貴

森山秀貴

工事部・現場監督