blog

ブログ

大工のいろは~四十~

高床ベッドに上り下りするための梯子を造作中。

材料はスギ。

トリマーという機械を使い、アリホゾという仕口工法で組む作戦。

この機械、買って12~3年経つけどまだまだ活躍中。

刃先がアリの頭の形状をしており、これで木を削っていきます。

アリホゾの出来上がり!

よし組んでいこう!

0.5㎜の違いで、硬くて入らなかったり、逆にゆるゆるになったりで、

ホゾのサイズ調整が肝心!

ちょっとDIYでは難しいかな!プチ自慢。笑

接着剤補強も兼ねており、乾くまでクランプで固定。

そして、ベッドゾーンに取付ける!

最後に手垢どめ塗料を塗って完成です!

 

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

こうちゃん

こうちゃん

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。