blog

ブログ

大工のいろは~八十八~

リノベーション工事で収納家具の現場造作をしている山木君(社員大工2年目)

引き違い建具が納まる〝鴨居(カモイ)の溝を掘る〟という精度のいる作業にチャレンジ!

0.5㎜の誤差がものを言うシビアな技術です。

寸法の決め方や機械の使い方のポイントを教えてもらいながら、GO!

自分が造ったモノが使われるモノになるのが、技術職人の醍醐味ですね!

今回のリノベーション工事ももう少しで完成&引き渡し!

この記事を書いたスタッフ

こうちゃん

こうちゃん

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。