Works

新築・建て替え

「3階建ての限界に挑戦した家」

京都市北区

Architect : Setsuko Takezono

注文住宅設計事例が100軒を超える設計士が施主という立場を初めて体験して、
人生に一度となる自邸づくりをしました。
敷地面積18坪、建物間口が2間(3.6m)狭小間口でコンパクトながら、
高い天井+吹き抜けで数字以上の広がり感を感じられる家を計画しました。

両側に隣家の迫る間口2間半の敷地に建つ、間口2間の住宅。

片持ち階段による抜け感は心理的広さを助長。

広い吹き抜けにより、2間間口とは思えない解放感を。

障子で隣家の存在を隠しながら、明かりはしっかりと室内へ。

階段横のアクリル壁も広く感じさせる工夫の一つ。

造作ソファーで空間にピッタリ。

空を眺めながら料理が出来るキッチンもこの家の特徴。

キッチン裏のスタディースペースで、子供の存在を感じながら家事を。

3階南側には、日当たりと風通しが抜群の物干しスペースを。

子供部屋をロフトベッドにすることで、空間を最大限利用。

熱交換換気冷暖房システムを取り入れることで、16畳エアコン1台で家中冷暖房できます。

場所

京都市北区

建築種別

木造3階建て

敷地面積

60.33㎡

延床面積

95.17㎡

工期

10ヶ月

自然素材

珪藻土・杉無垢床材

耐震性

耐震等級3以上

断熱仕様

0.35W/㎡K