blog

ブログ

気密性能のお話 ④ ーC値の基準ー

 

これまで、気密性能がお家にとっていかに重要かをご紹介してきました。

では、具体的にどれぐらいの性能値が必要なのでしょうか?

 

 

気密性能は、「C値」という指標で評価されます。

「気密性能のお話 ①」でも触れたように、一棟ごとに実測して確認します。

専用の機械でお家全体の隙間面積の合計を測り、延床面積で割ったものがC値です。

小さければ小さいほど、隙間が少ない(=気密性能が高い)という事になります。

 

さて、ここで注意しなければならないのは、

「C値〇〇以下の住宅を建てなさい」という決まりは現在の日本に存在しないという事実です。

以前は「寒冷地で2.0以下、温暖地で5.0以下」という国の基準(※義務ではありません)があったのですが、

2009年の省エネ基準改正で削除されてしまいました。

こんなに重要な指標が国の基準から削除された背景には、

「実測が必須」というC値の特徴が大きく関係しているのは想像に難くありません…。

 

現在も20年前の基準を拠り所に「C値2.0以下」を高気密と呼ぶ場合が多いようですが、

それも何とも頼りないものです。 

 

次回、C値を実際の隙間面積に換算して、目指すべき数値をご紹介したいと思います。

 

<次回につづく>

この記事を書いたスタッフ

山本 祥子

山本祥子

設計

人の気持ちがわかる人間でありたいと思っています。 どんなときも、どんなことも、 相手の立場に立って行動すること。 それが私のモットーです。