blog

ブログ

襖の新調

先日、襖の新調工事を行いました。

ご自宅の和室を和菓子屋とするために、襖のない部分に、何か目隠しをして塞ぎたいとのご依頼でした。

木格子が良いか?襖にした場合、同じ襖紙があるのか?30年経たないぐらいの建物です。

建具屋さん、お客様と話しをしながら、襖を新調にする事になりましたが、似た襖紙があればと思ってたら…

まったく同じものがあるではありませんか。本当に驚きです。

紫外線で襖が焼け、色の違いはありますが同じものです。

取手も同じものです。

どの襖?と思いますよね。襖屋さんが取り付けているこの襖です。

クロスは数年で廃盤になりますが、襖紙はあるものですね。偶然かもしれませんが、お客様に喜んでいただけました。

今の住宅は和室がありません。畳は敷いても、床の間はなく、座敷飾りを見ることが少なくなっています。

新しくつくることが少ないからこそ、古いものを残し守る為に、古い襖紙を今もつくり続けているのかもしれません。

 

工事の休憩でお客様から和菓子をいただきました。

とても美味しくいただきました。

この記事を書いたスタッフ

森山 秀貴

森山秀貴

工事部・現場監督