blog

ブログ

大工のいろは~四十一~

先日、玄関ドア&ドア枠の補修工事を。

テーマは2つ。

ドア枠のシロアリによる腐食部分の補修、

もうひとつは、内開きドアを外開きドアにリメイク。

 

補修部材は同質材のヒノキを予め用意。

さあ、工事開始!

建具を一度取り外します。

上写真のような、コンシールドという埋め込み型のドアクローザーから、

パラレル型という一般的なドアクローザーに付け替えるプラン。

まずは、既存戸当たりの撤去。

そして、腐食部分の根継ぎ。

柱・土台は腐食の問題なし。

見えない部分には防腐材を塗布し、ドア枠の根継ぎ完了。

次に、既存戸当たりの埋め木。

続いて、本締り錠受けの掘り込み。

内開きが外開きにかわるので、当然、錠の位置もかわりま~す。

その次は、新規の戸当たりの造作。

そして、ドアクローザーを取り付けて、建具の調整もOK.

枠まわりのコーキングもしっかりして、

よし!いったんは完了!

内開きから外開きにかわって、玄関スペースがスッキリ&広くなったと

お客様も大満足の様子!

塗装カラーリングはお施主様自身でするということで、その後の完成も楽しみですね!

 

弊社大工/澤本君もサポートで大活躍でした。

 

 

この記事を書いたスタッフ

こうちゃん

こうちゃん

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。