blog

ブログ

大工のいろは~四十九~

前回の小屋組み立ての後編。

まず外壁の板を貼っていきます。

板はこんな断面形状になっています。

 

下準備として、後で塗装しにくい部位を刷毛で塗装。

とめる釘はこれ。

高さを確認しながら、下から順に貼っていきますよ!

建具も建具屋さんに同材で造ってもらいました!

鍵もしっかり付いてますね。

壁の目地のラインと建具の目地のラインがそろっていて自然なんですが、

実は、そろうように事前に建具屋さんとは高さ寸法の口裏合わせをしてるんです!

板金屋さんに屋根(ガルバリウム鋼板横葺き)を貼ってもらい、

塗装屋さんに塗装してもらいます。

小屋の室内の壁&天井&建具も同様に。

建具の足元は雨があたって腐りやすいので、ステンレス板を貼ります。

いったんはずした建具を吊りなおして、

完成!!

いい物置小屋になりそうです!

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

こうちゃん

こうちゃん

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。