blog

ブログ

記憶術

それでは、今から言う20個の単語と、その順番を覚えて下さい。

「1番 ○○、1番 ○○、2番 △△、2番 △△、3番…」

講師が読み上げていきます。

先日、大阪で行われた研修での話しです。

実体のある20個の単語を、順番も一緒に覚えることはできますか?

メモは取れません。記憶だけが頼りです。

 

脳は忘れるようにできていると言われます。

人は記憶した事を20分後には4割以上忘れ、1日後には7割以上忘れます。

それは、生存に関わる重要な情報を優先して記憶するためです。

道ですれ違う見知らぬ人の顔、たわいもない話の一語一語、

見聞きしたあらゆる事を忘れられなかったらどうでしょう?

何が重要か分別つかなくなり、洪水のように頭から溢れます。

 

当然の事なのか、この研修に参加された方で全問正解者はいませんでした。

この記憶術の研修1日目が終わった後、講師から160個の単語の課題が与えられました。

「今日中に全ての単語を順番も一緒に覚え、明日の2日目の朝、発表してもらいます。」

その時点、160個の単語の課題が与えられた時には、参加者全員できると確信していました。

 

この研修を受ける前だったら、絶対無理wwとなっていた事でしょう。

当日、参加者全員160個の単語を記憶することができていました。

 

その術は…

題名にもあります『記憶術』にあります。

 

どのよう覚えたら思い出せるか。

その術を知るか、知らないかで大きく差が出ると実感できた貴重な研修でした。

この記事を書いたスタッフ

森山 秀貴

森山秀貴

工事部・現場監督