blog

ブログ

新しくなる京都市役所

出典:京都市役所wabサイト

 

最近では京都市役所がバリケードで囲われている姿を見るのも慣れてきました。

総工事費約320億円(現在見込み)をかけた大規模な改装工事を行うことにより、

京都市役所はこれからの京都に対応できる新しい建築に生まれ変わります。

京都市役所が目指す新庁舎のコンセプト

・市民の安心・安全なくらしを守る防災拠点となる市庁舎
・効率的・効果的な行政運営が実践できる市庁舎
・世界の京都の「顔」として,「おもてなし」の心を備えた市庁舎
・すべての人にやさしく,環境に配慮した市庁舎
・将来の変化にも柔軟に対応できる持続性のある市庁舎

 

2017年5月に始まった工事は、現段階の見通しで2023年秋に完成すると発表されています。

設計を担当しているのは、スカイツリーの設計でも有名な「日建設計」さんです。

京都では、ザ・リッツ・カールトン京都なども手掛けられています。

新旧が融合する新しい京都市役所の完成が楽しみです。

 

出典:京都市役所wabサイト

 

この記事を書いたスタッフ

青山 将平

青山将平

設計

2018年4月から入社になりました。
先輩方のようなお客様に寄り添った提案ができる設計士を目指し、
今はとにかく新しいことをひたすら覚えていこうと思います。