blog

ブログ

地縄張り

新築工事で最初に行う工事で地縄張りという作業があります。

地縄張りとは整地された土地にビニール紐で建物の形を示していく作業の事です。

この状態で、お客様に建物の形やガレージの大きさ、お隣様との隙間の広さ等を確認してもらいます。

この時は平面でしか大きさを感じられないので、ほとんどお客様が「思ってたより小さい」と心配されます。

それでも安心してください。棟上げ後は、建物を見て頂くとそんな心配も吹っ飛ぶくらい広さを感じられると思います。

又、ガーデンの建物は狭く感じさせない工夫もたくさんあるのでご相談ください。

 

 

この記事を書いたスタッフ

柴田 英俊

柴田英俊

現場監督

いつも、お施主様の立場になって専門用語は使わないように、わかりやすい説明を心がけております。 現場でのわからない事、不安な事は何でも聞いてください。 お施主様、設計士、職人さんのパイプ役になれるよう日々奮闘中です。