blog

ブログ

ベタ基礎一体打ち工法

木造住宅の基礎工事では

ほとんどの場合はベース面(土間面)のコンクリートを施工しコンクリートが固まった後、立ち上がりのコンクリート打つ場合が多いです。

ですがガーデンの基礎はベースと立ち上がりの基礎を一度に打つ『ベタ基礎一体打ち工法』を採用しています。

『ベタ基礎一体打ち工法』の施工によって、打ち継ぎではなく、一体基礎になるため打継ぎ部分からの水の侵入がなくなり、

ベースと立上りが一体化することによって強度面もアップします。

家が建ってしまうと目に付かないところですが、正に建物の基礎になる所です。

少し施工に手間はかかりますが非常に重要なポイントとなりますので、こだわって施工しています。

ガーデンの建物を見る機会があればぜひご確認下さい。

この記事を書いたスタッフ

柴田 英俊

柴田英俊

現場監督

いつも、お施主様の立場になって専門用語は使わないように、わかりやすい説明を心がけております。 現場でのわからない事、不安な事は何でも聞いてください。 お施主様、設計士、職人さんのパイプ役になれるよう日々奮闘中です。