blog

ブログ

鉛水道管

先日、鉛の水道管の取替え工事を行いました。

水道料金が高くなったとの事でお客様から連絡があり、漏水調査を行ったところ、

鉛の水道管から漏水が確認できました。

 

鉛の水道管は管内に錆がつかず、加とう性、柔軟性に富み、加工、修繕が容易な為、

1980年頃まで全国的に使用されました。

しかし老朽化による漏水が多い、水質の安全の確保から使用が禁止され、

現在はポリエチレン管の使用が定められています。

 

古い木造の建物で、これまでに何度か改装工事をおこなっていて、

部分的にポリエチレン管に取替えらている箇所もありました。

残っている鉛の水道管を取替え、漏水は止まりました。

 

生活する中で、水道料金の変化は気付かれないかもしれませんが、

古い建物の場合は、水道管の老朽化で漏水のおそれもあります。

水を使ってない状態で、水道メーターのパイロットが回ってたら漏水の可能性があります。

築年数が浅くても冬場の凍結で水道管が割れたりします。

気になる方は、水道メーターを確認してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたスタッフ

森山 秀貴

森山秀貴

工事部・現場監督