blog

ブログ

外壁修繕工事

先日、外壁修繕工事を行いました。

ご依頼いただいた方は、3年前にガーデンで改装工事を行ったK様。

東隣の建物が解体され、築30数年、新築当時に仕上げる事のできなかった外壁があらわになりました。

隣地境界線ギリギリに建物を建てる場合、お隣が先に建っていると、このような施工になる場合があります。

今回はALC(外壁)の目地にコーキングを行い、塗装で仕上げました。

外壁の塗替え周期ですが、塗る塗料にもよりますが7~10年ごとと言われます。

このメンテナスを怠ると、雨漏れの原因だけでなく、最悪な場合、雨が構造躯体(柱・梁)を腐らせ、建物倒壊に繋がります。

木造の話となりますが、以前勤めていた会社で、そのような状況を目の当たりにした事があります。

 

2階建て、3階建ての場合、足場代も掛かる為、今回は屋上の防水工事も同時に行いました。

見て目的にも綺麗に仕上がり、お客様に満足いただけました。

東隣の空き地、2件隣りも売却予定との事で、広い土地に何が建つのか?

気になるところです。

この記事を書いたスタッフ

森山 秀貴

森山秀貴

工事部・現場監督