blog

ブログ

大工のいろは~三十一~

写真は、福井県名田庄で撮ったもの。

屋根に深く積もった雪は最適な断熱材の役割を果たしてくれる、なんて聞きますね。

外断熱工法!! 笑

 

現在、市内中京区の新築現場でもグラスウールと気密シートを用いた断熱工法を施工中。

グラスウールはガラス繊維なので、皮膚にはチクチクして施工する側としては扱いにくいのがリスク。

もっと雪のように優しくフワフワしててかゆくないものがいいな~。

なんて言いながらも、断熱施工を終わらした後は、夏涼しくて冬暖かくなったそんな現場を見ながら、職人さんたちは嬉しそうな満足げな顔するんですね!

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

こうちゃん

こうちゃん

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。