blog

ブログ

大工のいろは~七十九~

ガーデンは、未来創造企業へのチャレンジに取り組んでおります。

何ですか?それ?ですよね。

すごく掻い摘んで言うと、「いい会社であることを第3者にしっかり認めてもらう」ことです。

いい会社って何?からはじまりますよね。

これまでは、社員が満足して働ける環境で顧客にも喜んでもらえる

そのようなホワイトな企業=いい会社が当たり前でしたが、

さらに加えて、社外(地球環境/地域/利害関係者/家族など)も同時に満足してもらえる関係が

継続的に構築できている企業=いい会社という考えが基盤に。

言い換えると、本業を通じて同時に社会課題解決を行っている。

しかも持続可能であること。

ガーデンの経営理念=happy理念そのものであるので、もうできてるじゃん!?

という考えもできますが、事業を通してもっともっと解決できる社会課題もあります。

会社組織の在り方から見直せるところもあります。

まだまだ挑戦したい新規事業もあります。

それをトップの経営者だけでなく、

社員みんなで考えて取り組んでいく点がとても重要なんだと思います。

弊社それぞれの部署ごとにも、取り組んでいきたいことを話し合ってみました。

私が所属する工事部では今のところこんな感じです↓

それぞれ、より具体的な活動を行っていきたいと思っています。

 

この記事を書いたスタッフ

こうちゃん

こうちゃん

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。