blog

ブログ

お家の断熱と血圧

 

「お家の断熱性能は、住む人の健康に大きく影響します!」といつも住まい教室でお話しています。

 

暖かいお家の方が、風邪をひきにくくなったり、手足の冷えが改善されたりといのは想像しやすいところ。

でも、実は住む人の血圧にまで影響を及ぼすというのは、あまり知られていないのではないでしょうか。

 

 

こちらのグラフは、オムロン ヘルスケア株式会社と慶應義塾大学 理工学部(伊香賀俊治教授)、

自治医科大学 循環器内科学部門(苅尾七臣教授)、OMソーラー株式会社が、2015年に「住まいと健康」についての

共同研究を実施した際のものです。(出典:https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2015/0421.html)

 

朝、起床後に測定した最高血圧の値を比較すると、断熱性能が低い家の居住者の平均値が128.8mmHgであったのに対し、

断熱性能が高い家の居住者の平均値は121.0mmHgと、7.8mmHgの差が見られたそうです。

このことから、断熱性能を向上させて室温を高く維持することで、

血圧上昇の抑制が期待できることが分かりました。

 

家の断熱を考えるのは、家族の健康を考えること。

目に見えない部分ですが、とっても大切です。

 

この記事を書いたスタッフ

伊藤 祥子

伊藤祥子

設計

人の気持ちがわかる人間でありたいと思っています。 どんなときも、どんなことも、 相手の立場に立って行動すること。 それが私のモットーです。