blog

ブログ

キッチンリフォーム

先日、キッチンのリフォーム工事を行いました。

何度かリフォームの仕事をいただいているお客様で、

息子様お住いのキッチンを新しいものに替えたいと、ご依頼いただきました。

 

キッチン入替は、最短で3日間の工事となります。

事前に現場調査を行わせていただきます。

キッチンはメーカーにもよりますが、製作に2~3週間程掛かります。

ご指定のメーカーがございましたら、メーカー施工の方と現場調査を行わせていただきます。

 

現場調査時に行う事は、給排水、ガス、電気の配管、配線位置、経路の確認。

食洗器が新たに付くタイプであれば、排水と給湯を新設しなければなりません。

ガスコンロからIHに変更になる場合等、新たに電気配線が必要であれば、

ブレーカーから電気を供給しなければなりません。

他に、キッチンの搬入経路、部材を仮置きできる場所、木工事、キッチン施工は、

材料を切ったりしますので、作業スペースの確認。

キッチンのサイズなど、多くの事を事前に調べます。

 

取付け可能なキッチンをご提案させていただき、

ショールームにて、商品の色や材質、オプションを決めていただきます。

その後、商品が決まりましたら、御見積をご提示させていただきます。

事前(現地調査後)に御見積は可能ですが、

追加のオプションで御見積より金額が高くなることがございます。

 

キッチンの製作完了に合わせて、在宅であれば、お客様のご都合を確認させていただき、工事の日程を決めます。

近隣の方へのご挨拶、マンションであれば、管理組合に工事の申請を行い、工事着工となります。

 

【1日目】キッチンに接続されている電気、ガス、給排水の取外し、解体

【2日目】電気、ガス、給排水の新設、木工事

【3日目】キッチン施工、電気、ガス、給排水の繋ぎ(仕上げ)、清掃

キッチン工事に関わらず、リフォーム工事は時にアクシデントが伴います。

解体後に想定外の事もしばしばで、今回はキッチンの排水管に鉄管を使用してあり、

この鉄管を指定された立上げ位置(壁右側 排)までどうもっていこうか…

排水管は水が流れるように勾配を取らないといけない為、立ち上げ位置までもっていこうとすると、

キッチンの下端が配管に干渉して取付けができません。

鉄管の場合、途中で切断する事もできません…。

設備屋さんに状況を説明し、最善策を考え、無事にキッチンの取付を行うことができました。

 

何事も経験で、想定外の事も想定内として考えて工事に臨みたいと思います。

お客様に喜んでいただき、私も成長できた工事となりました。

この記事を書いたスタッフ

森山 秀貴

森山秀貴

工事部・現場監督