blog

ブログ

Woven City

世界のTOYOTAが静岡県で街づくりを行います。

CMを見て知っている方も多いと思います。

家電量販店がリフォーム事業に参入してきて、これからの建築市場はどうなるのかと思っていました。

どこまで異業種は参入してくるのか?

TOYOTAの街づくりの意味合いは違いますが衝撃的でした。

着工は2021年初頭。

人々が生活する中で、自動運転、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、

パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術などを

導入・検証できる実証都市。

この街で技術やサービスの開発と実証のサイクルを素早く回すことで、

新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けるとの事。

都市設計はデンマーク出身の建築家ビャルケ・インゲルス氏。

ニューヨークの新たな第2ワールドトレードセンターやGoogleの新しい本社屋など、

これまで数多くの著名なプロジェクトを手掛けています。

人々はこれから先、どういう暮らしを送るのか。

人工知能を持ったロボットに多くの仕事を奪われる未来、

この街が実証するものは何か?気になるところです。

この記事を書いたスタッフ

森山 秀貴

森山秀貴

工事部・現場監督