blog

ブログ

断熱性能に興味がない方必見!

弊社は断熱性能を表す外皮平均熱貫流率(Ua値)の標準値を0.46以下としております。

ちなみにUa値0.46という値は、北海道や東北と言った比較的気温の低い地域で長期優良住宅の認定に求められる断熱性能と同じです。

そのため冬の京都で快適に過ごして頂ける空間をご提案しております。

しかし数値で言われても、その性能の良さは分からない人が多いのではないでしょうか。

なんとなく良いなと思っても、それで本体価格が高くなるならちょっと、、、と思われるかと思います。

そこで、実際に数値を体感できるスタジオをご紹介します!

LIXILショールーム南港 住まいstudio

このリクシルさんの住まいstudioでは、外の気温が0度を想定した空間で断熱性能の違う3つの部屋に入って温熱体感をして頂けます(^^♪

3つの部屋は、

・昔の家 Ua値1.43

・今の家 Ua値0.85

・これからの家 Ua値0.45←ガーデンの家

をご用意しております。

 

昔の家といっても、実際現在存在する日本の家の75%はこの性能に当たります。

そして今の家は、現在長期優良住宅性能が取得できるぎりぎりの断熱性能がこれに当たります。

最後のこれからの家は、健康で快適に過ごして頂くために推奨されている家の基準です。

もちろん、ガーデンの家はこれからの家の基準値で家づくりを行っております。

 

断熱性能が高い家は、光熱費が安くなり、環境にも良く、メリットが多いと言われていますが、実際一番のメリットは居心地の良さだと確信しています。

断熱性能の低い家は、寒い時期に暖房器具のそばしか暖かくなく、少しでも離れると寒い環境になります。

もし、冬場、外の温度を気にせずに過ごしていただけるとしたら快適ではありませんか。

住まいstudioでは、年中冬場想定で体感できるので、みなさんのスケジュールの良い日にご来場頂けます。

ご興味を持って頂けた方はぜひご連絡ください。☺

 

▼ご参加希望の方はこちらから

Mail info@gar-den.jp

電話 0754067778

 

▽住まいstudio見学中の写真

住まいstudio情報
所在地

〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1-7-62
LIXILショールーム南港3F

開館時間

午前10時~午後5時

休館日

毎週水曜日(祝日の場合は営業)・夏期・年末年始

 

この記事を書いたスタッフ

青山 将平

青山将平

設計

2018年4月から入社になりました。
先輩方のようなお客様に寄り添った提案ができる設計士を目指し、
今はとにかく新しいことをひたすら覚えていこうと思います。