blog

ブログ

大工のいろは~十四~


自邸兼モデルハウスも、本日で大工さん工事はいったん完了!

親方にもカッコいいデスクを造ってもらいました!

私が大工のいろはをもっとも多く学ばさせて頂いた方。写真右。櫛谷工務(通称:くっちゃん)。弊社代表田中と中学同級生!

建築業界では職人不足が大きな課題のひとつで、これからの時代は社員大工か?いや、やっぱり師弟制度復活か?と賛否両論のなか、私もまだ答えは出ません…。

ただ、皆が本気になって力を合わせると、すごいモノが出来上がるんですね!!

 

話が飛びましたが、大工さん工事完了の後はバトンタッチで、塗装・クロス・左官等の内装工事が始まります。写真下は内装下地の石膏ボードが張れた状態。

仕上がりはある程度想像できていても、いざ仕上がってみないとまだわからないドキドキ感も…。

完成が楽しみで楽しみで楽しみで!!

 

 

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

永谷 弘樹

永谷弘樹

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。