blog

ブログ

大工のいろは~十七~

自宅兼モデルハウスも完成し、見学会も好評中。

 

 

 

以前掲載した構想中の階段もいい感じです!

施工中一番心配していたのが、踏み板と壁際の珪藻土のヒビ割れ。燕匠さん(左官工事)とも対策を相談し合いました。そのヒビ割れ対策のひとつが、珪藻土の下地になる石膏ボードの継ぎ目が踏み板の角「カド」に来ないように石膏ボードを張るという案。

え!? 手伝いに来てもらっていた大工さんたちも、はじめは目が(??)になってましたが、とにかくチャレンジしてみようと!

やればできる!思考は現実化する!

この工法のおかげか、今のところは珪藻土のヒビ割れは起きてないです!

この記事を書いたスタッフ

永谷 弘樹

永谷弘樹

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。