blog

ブログ

大工のいろは~四十五~

 

IOT(インターネット・オブ・シングス)も今はもう当たり前。

今後、住宅内にもどんどん取り入れられていくことでしょう。

また、素材の面での最新テクノロジーも、建築業界はすごい。

写真は、高さ85メートル/18階建ての木造ビル。

ノルウェーの田舎町に2019年3月竣工。

木造ですよ!

実は、日本でも2041年に木造高層ビルが完成予定。

高さ350メートル/70階建て!

木造の可能性はまだまだ未曾有。

 

また、バイオディグレーダブル(生分解性)の建材というのも注目。

アメリカでは、トウモロコシの茎や根を、

キノコの菌糸を使って硬化させてつくった生分解性のレンガ素材で、

高さ13メートルのタワーを建てたとのこと。

また、ドイツでは、天気に反応する木製の建築部材が開発された。

複数枚の弁で構成された開口部が、

湿度によって形が変化する木材の特性を利用して開閉するらしい。

 

新素材が普及するのも、すぐではないでしょうが、

そんな遠い未来でもなさそうですね。

 

 

 

この記事を書いたスタッフ

こうちゃん

こうちゃん

大工・設計

なるべく自分の判断、やり方で正確に効率よくやるようにといった仕事のスタンスが自分にも合っているので、 櫛谷棟梁のもとで6年間大工させてもらってます。 設計士さんや各業者さんと一緒に協力し合い、ときには言い合いや押し付けもありながらでも、 みんなでひとつの建物を完成させることの喜びが、この仕事をやっていて一番よかったなと思うことです。 将来は、自分で設計し自分で大工をして家を建てたいと思っています。